助産所サンバハウスは、母も子も家族共々いつでも健康で自立した生活を営むことができるよう生命力・自然治癒力・育児力・生活力をつける取り組みをしています。

お問い合わせ|スタッフ募集|リンク|HOME

助産所サンバハウス

体験談

おっぱいマッサージ

 今年5歳になる女の子と今年7月に男の子を産んだ母です。もともと陥没おっぱいだったので、1人目の時に自分でおっぱいマッサージをして、何とか母乳が出るようになりました。でも吸われるようになってすぐ、乳頭が切れたり水ぶくれができたりして、本当に授乳が辛くて仕方ありませんでした。ミルクとの混合で授乳していましたが、復職したこともあり、母乳での授乳期間は1年に満たなかったです。
 2人目も覚悟をしていましたが、やはり乳頭トラブルが…。でも1人目に鍛えてもらっているし、頑張ろう!と痛いながらも授乳し続けました。軟膏を塗ったり、吸う角度を変えたり、授乳時間を短くして足りない分をミルクで補ったり…。少しずつ改善してきた頃、友人からサンバハウスのおっぱいマッサージを教えてもらいました。乳頭トラブルで辛かった時期に助産師に相談したいと思っていたことと、乳房の状態を見てもらいたかったので、さっそく予約を取りました。
  斎藤先生の手技は全身マッサージからでした。意外でしたが、自分の体の疲れを知ることができましたし、先生と話したり、マッサージを受けながら自分がリラックスすることができました。母乳って心身の状態が影響するのだなと感じました。新鮮な気づきでした。そしておっぱいマッサージが始まると、噴水のように母乳が出たのです。飲んでもらえずにたまっていた母乳がなくなって、おっぱいも触ると柔らかくふわふわに…。本当に驚きました。
  母乳での授乳が思うようにいかないと、「できるだけ母乳で頑張りましょう」という言葉にプレッシャーを感じて辛くなってしまうママが多く、私もそうでした。自分自身にも自信がなくなるような感覚に陥ります。授乳の悩みは本当に深い…。でも今回おっぱいマッサージをうけて、「できるだけ母乳で」という言葉には、心身の状態をよくすれば母乳は出るという確信のある方たちの思いがあるのだと思いました。私も自分の状態、健康を意識するようになりました。母乳の状態がよくなったこともうれしいことでしたが、自分を見つめられる機会となったこともまたうれしいことでした。

ページ先頭へ▲

おっぱいサロンより(スタッフ後記)

第七回目の内容の抜粋ですが、この日は二人目の子供を妊娠している方が、どうしても上の子に振り回され、二人目になかなか気が届かずに、生まれてからも上の子を優 先させてしまいそうという話から始まりました。
テーマは「上の子と下の子、どっちを優先すべき?」
集まったお母さん方、それぞれの意見が交わされました。ある本では、1人目を優先させた方が良いと言っているし、自分もそう思うという方。同じく、色々なことが分り始めている上の子を優先すべきだという方、また、一概にはそう言えないのではないかという意見も出ました。
皆さん、上の子も下の子も大切に思うが故に悩むところなのだなあと感じました。お母さんの身体はどうしても1つ、してあげたいこと、できることもまんべんなく平等にとはいかないですものね。
沢山の意見交換がされ、皆さんと導いた話のまとめは、どの子が優先かに捉われるのではなく、今、手を差し伸べる必要があるのはどの子なのかと観測する力を養う事でした。
お母さん、子供たち、お父さん家族の皆で100パーセント幸せになろうねという気持ちで育児して欲しいし、子供たちにもその気持ちを伝えてほしい。お母さん自身、子供に振り回されない信念を持つことが大事だね、という形で締めくくられました。
お母さんたち、自信をもって子育てしていいんだよ、と前向きになれたサロンになりました。
1人で悩まずに、皆さんもおっぱいサロンで育児の悩みを解決してみませんか?

ページ先頭へ▲

 

マターナルコミュニティセンター助産所 サンバハウス

診療時間:9:00〜16:00(※お電話にてご予約下さい) 休診日:木曜・日曜・祭日

〒337-0033 さいたま市見沼区御蔵205-4 Tel : 048(683)0344 Fax : 048(685)7254